【古硝子 ウランガラス】燐光の国の宝石/ネックレス


― Story ―
暗闇のなか妖しく光る、燐光の国。
そこへ辿り着くには少しの知恵と好奇心が必要だ。
夜明け前、空が青色に染まったとき道は開かれるという。
あとは好奇心さえ忘れなければきっと。



◆ブラックライトがなかったその昔。
夜明け前、空が青色なら紫外線が満ちていて
この時にウランガラスが蛍光を放ったので知られるようになったといいます。

〜〜* ウランガラスの世界へようこそ *〜〜

ウランガラスは1830年代、チェコで発明されたガラスで
紫外線を当てると魔法のような蛍光色の光を放ちます。(写真1)
そのままでも、透きとおった鮮やかな色が美しいのも特徴です。

極微量のウランを加えることによって作り出されていました。
ウランはガラスに閉じ込められいること、加えて極微量ということから、
人体には全く心配ないことが分かっています。
その妖しげな色合いに魅了され、ウランガラスにこだわり
コレクションするほどのコレクターも多く高値で取引されています。



素材ウランガラス
寸法 ネックレス長さ48.5cm、中央ガラス1.3x1.5cm、小粒ガラス0.6x0.7cm
備考Storyは空想のなかの物語としてお楽しみいただけたら幸いです。
販売価格 10,000円
在庫状況 Sold Out