不思議な変色ガラス サフィレット&サフィリーンとは?
サフィレット達の写真
サフィレット(Antique Saphiret)…
19世紀中頃、チェコスロバキアで誕生した変色ガラス。
それは実に不思議な魔法のような色合いで…
深く青い光を宿し、見るひとの心を魅了してきました。
原料に金を使ったと言われていますが、
製法が謎に包まれたままで、今はもう作ることができません。
とくに希少価値が高く世界中にコレクターがいます。

サフィリーン(Vintage Saphiret)…
その後、途絶えたサフィレットを1950年頃にドイツ等で再現。
チェコとはカットや製法が異なります。今は再現不可能のため希少です。
サフィリーン(Sappharine)や、ヴィンテージサフィレットと呼ばれています。
カット入りはきらめく星の瞬き、カットなしはゆらめく妖精の泉のよう。

各時代にしかない、それぞれの美しさ…
うっとりと心ゆくまでお楽しみいただけましたら幸いです。



 
謎に包まれたサフィレット達の世界へようこそ

惑星座へご来店いただきまして心より感謝申し上げます。
サフィレット&サフィリーン(Vintageサフィレット)は謎に包まれた神秘の部分が多く、
手がかりとなるわずかな当時の資料・文献をはじめ、
出版社・ガラス検査機関・海外のコレクターへの取材、
そして実際に多くのコレクションを見比べて推測しております。

製法や年代などは諸説あり、確実なご説明は難しいのが現状です。
その為、サフィレット達にまつわる新たな発見があった際には、そのつど加筆や修正してまいります。
発見により変わっていく可能性があることをご了承いただいたうえ、ご注文お願い申し上げます。

−参考文献ご紹介−
『コスチュームジュエリー 1920s-1970s (別冊太陽)』2007年出版
どのページも美しく鑑賞用としても素晴らしい本です。

 
サフィレット&サフィリーンの表記名ご案内

Antiqueサフィレット…
19世紀中頃、チェコスロバキアで誕生したガラス

サフィリーン(Vintageサフィレット)…
1950年頃〜ドイツやオーストリアでサフィレットを再現して作られたガラス

惑星座では、このように呼び分けて表記しております。
ページ上部に詳しく違いを明記していますので、ご参考にしていただけましたら嬉しいです。
国や年代の確実な線引きは難しく、推測になります。
商品名ではルースサイズを分かりやすくSS(小粒)〜XL(大粒)で表しております。

 
写真と状態につきまして

魅惑の美しさをお伝えできるよう、1点ずつ心をこめて撮影し繊細な色再現を目指しております。
1点につき数多く撮り、独特の色合いがよく分かる写真をご紹介いたします。
ただし、ご覧になる環境に左右されます為、色味が異なる場合がございます。
サフィレットなどの古物品は長い時を経てきた為、ダメージが多少なりともございます。

 
数々の希少なガラスをお届けできる秘密

惑星座は、長年お世話になっている海外のコレクターさんがおります。
その方のコレクションは驚くほどの蒐集量で、どれも希少な品ばかり。
ある時、ずっと不思議に思っていたことを聞いてみました。
「一体どのようにして集めたのですか…?」

「昔の工房やコスチュームジュエリー会社が歴史に幕をとじる時、
在庫まるごと(サフィレット類含む)を買取ったのだよ」

…だから、その方のもとには美しいルース状態のままで数多く残っているんだ!と謎が解けました。
アクセサリーになることなく眠っていたガラス達を、現代に蘇らせたく、
歴史をつなぎ、惑星座ではその当時のサフィレット&サフィリーンを主に使っています。

このような秘密があり、皆さまへ希少なお品をお届けすることができます。

 
Web写真集と実店舗のご案内

こちらのTwitterでは惑星座撮影のサフィレット&サフィリーン写真をご覧になれます。
こんなに美しいガラスがあったとは…!と、知っていただいたり
お好きになっていただけるだけでも幸せだなぁと想いツイートしております。

実物をお手にとってご覧になりたい場合は、惑星座実店舗へお気軽に♪
それぞれ魅力たっぷりのサフィレット&サフィリーン、どちらも大好きな店主がお待ちしております。

冒険心と空想心をかきたてる魔法の国の宝石のようなサフィレット達に、
ふれるきっかけとなりましたら大変嬉しいです。
それでは、ごゆっくりお楽しみくださいませ。